2010年7月アーカイブ

皆さん こんにちは!南国酒家小倉店 料理長の武内です。

熱い日が続いています。こんな熱い日には南国酒家のおいしい中華料理でスタミナをつけませんか?ご来店お待ちいたしております。

7月7日の七夕の日の出来事をお知らせします。

参議院選挙に立候補していました「三原じゅん子」さんが、北九州での選挙運動中、南国酒家小倉店でお昼を食べられました。お食事の時間も30分くらいしかなく、選挙運動も佳境に入っていたためか、すぐに次のスケジュールに向けて出発しなければいけないらしくとても大変そうでした。

「選挙頑張ってください。」と勇気を振り絞って声をかけると、「ありがとうございます。料理もおいしく頂きました。」とさわやかに言っていただきました。記念に写真も撮っていただきました。

この瞬間から、政治家になっても一生応援しようと心に決め、投票日はドキドキしながらテレビの開票速報を観ていました。結果は皆さんもご存じの通り「当選!」本当におめでとうございます。これからが大変でしょうが頑張ってほしいと思います。

DSCF0147.jpg

(三原じゅん子さんと南国酒家小倉店武内です。)

また、北九州に来ることがあったらぜひ南国酒家でお食事をしていただければと思っています。今後の三原じゅん子さんの政治活動を見守っていきたいと思います。三原じゅん子さんの「夢前案内人」というブログがありました。皆さんも一度、見てみてください。

【南国酒家 小倉店 料理長 武内 賢児】

 

| コメント(0)

 7月15日(水)11:00より7月度入社式が執り行われました。

 スペイン石窯パンの家グラティエ大畠店の小幡真裕さん(22歳)が晴れて3ヶ月間の試用期間を経て入社の運びとなりました。今月の入社は一人と少しさびしい感じがしましたが、入社式での今後の抱負はとても元気よく、爽やかな入社式となりました。

7月入社式.JPG  

 (中野社長、小幡真裕さん、第3事業部佐藤部長)

小幡真裕さんの抱負 7月度入社式より

本日は入社式を行って頂き、これからは社員として仕事に取り組んでいくことになります。忙しい中、私一人のために入社式を行って頂いたことを無駄にしないよう、しっかりと社員として自覚を持って行動していこうと思います。また、社員になったことで満足せず、次のレベルを目指して精進していくことを入社式の抱負とさせていただきます。

 

  第3事業部(石窯パン事業)も来月4店舗目のオープンが決定しています。事業部内のスタッフも社員候補をいれると25名を超えてきました。BUN CORPORATIONの行動指針「言う人。」「熱い人。」「喜ぶ人。」を積極的に実践しお互い切磋琢磨して一人一人が成長して欲しいと思います。

【管理本部 椎原 英也】

 

| コメント(0)

2010年7月度 各事業部会議より

どこのお店でも、キャストさんの入れ替わりや、社員の移動があると思いますが、とくに年齢が若く、初めてのアルバイトをする人には、とても基本的なところから指導することとなるケースが多いのではないでしょうか?挨拶の仕方や、返事ひとつについてもどのようにすべきかを教えていることもあるかと思います。

また、それを飛ばして実務に入っても、なかなかケジメがつかず、遠回りしてしまうことも多いですので、これからお話する内容をしっかり伝えていただければ、また少し仕事のやり方も変わるかもしれません。

 

 しつけの3原則とは

 

①挨拶、②返事、③後始末

 

をしましょうということです。これは人として基本的なところで、これができなければ他のことは何もできないといっても過言ではありません。これも教育哲学者の森信三先生が、小さな子どもたちの教育に携わる中で言われてきたことです。③の後始末は、もともと「履物をそろえる」ということだったのですが、後始末と考えれば問題ありません。

 

 まず、挨拶についてですが、もともとこの漢字が持っている意味は、胸を開いて迫る・入り込むといった意味があります。つまり、元気のない声で、相手も見ずに「おはようございます」といっても、挨拶をしたことにはなりません。はっきりと相手に伝わる元気な声で、しっかり相手の方に体を向けて、目を見ることが大切です。また、

 

あ・・・明るく、

い・・・いつでも、

さ・・・先に、

つ・・・続けて、

 

行うことが大切です。暗い挨拶は相手の心に届きません。昨日はしたのに、今日はしないといったことでは、相手が戸惑います。相手に挨拶をされる前に、自分から先駆けてするようにしましょう。とくに、遠くからお互い気付いているのに挨拶のタイミングをはかるような経験は誰しもあると思いますが、なんともいえずモゾモゾした気持ちになります。それよりは、遠くでも知り合いに気付いたら、大きな声で挨拶をするほうが気持ちのいいものです。

 最後に、何でもそうですが、継続は力なりといって、明るい元気な挨拶を続けているだけで、周りの人は喜び、感心してくれるものです。次にお話するのは、いろんな物事の「基本」についてです。

 

IMG_0001.jpg 

まず、人間の基本として、いろんなところでも話されていますが、「人」という字を見てみると、Bはいつも下からAを支えている。そんな役回りだと思い不平をこぼすこともあります。確かにBがいなくなれば、Aは倒れてしまいます。ですが逆も同じで、Aがいなくなると、Bも倒れてしまいます。つまり、AとBはそれぞれの役割を果たしているから、人という字が成り立つわけで、大切なのは「与えられた役割を果たす」ということです。店長や社長もキャストさんも役割を果たしているから、お店や会社がきちんと成り立っているのです。

店長や社長がいなければ、働く場所はなくなって、キャストさんも今の仕事はできなくなりますが、これは、キャストさんが居なければ、店長や社長も同じ仕事ができるわけではないということです。人はお互いが支えあって生きていることをきちんと理解すれば、お互いがお互いに対する感謝の思いがわいてくることでしょう。

 現在、いっしょに働く仲間に対して、また、結婚している人であれば、奥さん、旦那さんに対して、お互い支えあっているという思いで相手に感謝してみてください。普段は忘れてしまっている有難さがよくわかると思います。

| コメント(0)

桧原店.JPG

(道路側に大きくびっくりドンキーの看板が付いいて目立ちます。)

 皆様お待たせいたしました。先月のBEAT UP NEWSでお知らせしました、待望のびっくりドンキー福岡桧原店が7月15日(水)11:00にグランドオープンしました。当日は天気も回復し、オープンと同時に多くのお客様にご来店いただき誠にありがとうございました。

 オープンに先立ちまして、14日に予定されていました、竣工式並びにオープニングセレモニーは前日からの北部九州地域の集中豪雨により交通機関のストップ、また来賓の方の安全を考え、社内での式典に変更させていただきました。ご参加予定の皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。

桧原セレモニー①.JPG

(オープニングセレモニーで企業理念を唱和する三村店長)

桧原セレモニー②.JPG

(スタッフ一人一人が堂々とオープンに向けての抱負を発表してくれました。)

桧原セレモニー③.JPG

(来月オープンする同敷地内の石窯パンの家グラティエ桧原店のオープニングセレモ二ーも合同で執り行われました。グラティエのスタッフも元気よく抱負を発表しました。)

桧原セレモニー④.JPG

(オープニングセレモニー後、オープンに向けての決起大会が開催されスタッフ全員での記念写真です。)

オープニングセレモニーより

三村店長の抱負

 今回、びっくりドンキーのオープニング店長をさせていただき本当に感謝いたしております。弊社が運営するびっくりドンキーも福岡桧原店で7店舗となりました。先輩店長に負けないようスタッフ全員で店舗を盛り上げていき、お客様に満足していただき、お客様が帰られる時には笑顔で帰られるような店舗にスタッフ全員で協力していきたいと思います。

吉塚レギュラーの抱負

 スタッフの皆さんと、笑顔ある、活気ある、喜びあるお店づくりをしていきます。よろしくお願いします。

久々宮レギュラーの抱負

 私は入社してまだ2ヵ月弱です。まだまだできないこと、わからないことが沢山あります。皆さんと協力しながら、いつも熱い心をもって前進し続けていきたいと思っています。よろしくお願いします。

大島レギュラーの抱負

 明日、いよいよオープンです。今の自分にやれることをしっかりやっていくことが目標です。頑張ります。よろしくお願いします。

桧原店内①.JPG

(福岡桧原店の店内のディスプレイです。桧原店もいい雰囲気です。)

桧原店内②.JPG

桧原店内④.JPG

(古き良きアメリカの年代物のディスプレイが沢山あります。)

 皆様のおかげで、無事にオープンすることができました。感謝いたしております。今後は地域のお客様に愛される店舗を目指して努力してまいります。また8月下旬に同敷地内にオープンする石窯パンの家グラティエ桧原店と共に協力して、美味しいハンバーグと焼き立てのパンをご提供させていただきます。末長いご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 びっくりドンキーの営業時間は午前11:00~深夜2:00までとなっております。駐車場40台完備です。皆様のご来店心よりお待ちいたしております。

【第2事業部(びっくりドンキー) 次長 西田 幸司】

 

| コメント(0)

早速、社員旅行の報告PART②です。

万博マスコット.JPG

(2日目は万博会場に行きました。万博のマスコットキャラクターです。)

日本館.JPG

(万博会場にて第5事業部横山次長)

中国館.jpg

(今回の旅行でのベストショット・・中国館です。人が多くてみんな入れませんでした。)

麦の香 鹿児島店 屋敷店長の感想文から 第3班

 私は10年ほど前、中学生のころに中国へ旅行したことがあるため、何となくどのような感じかわかっているつもりでしたが、社会人になってから見る中国は以前のものとは違って見えそして考えさせられることが沢山ありました。

 そのひとつが自由ということです。街の交通ルールはルーズで警察官すらバイクでヘルメットをかぶっていない、信号はあってないようなもの、、ごみ箱が見えないのだろうかと思うほどのごみ等など・・文化の違い、自由さを感じました。自由=自己責任が付いてきます。3日間様々な道を走っていて事故は一度も見ませんでした。比べると日本の方が多い様に思います。ここで考えさせられたのがルールや決まりごと、制限があると本来の理由、本当に大切なことを見失ってしまうのではないかという事です。自分を守る、相手を守る、同様に私自身の生活すべてに当てはまるものだと考えさせられました。きまりやルールは色々ありますが、本当の目的や大切な事は何なのか、現場を離れることで改めて考えさせられました。

パンダ.jpg

(上海動物園で念願のパンダとご対面です。)

上海ポンデリング.JPG

(上海のミスドで見つけたポンデライオンのドーナツ・・上海でも大人気のようです。しかしポンデライオンにひげがあったかなぁ?)

上海夜①.JPG

(上海の中心街です。夜の風景はさらに華やかです。)

上海夜飲み.jpg

(新天地 おしゃれなオープンカフェで乾杯です。)

チャイニーズダイニング鼎 多久コックの感想文から 第4班 

 今回の社員旅行は、私にとって初めての海外旅行だったので期待と不安で前日の夜は、ほとんど眠れませんでした。しかも一緒に旅行に行く他店の方々とはほとんど面識もなかったので、上手く話せるかどうかとても不安でした。しかし空港について他店の方々とあいさつすると、みんさんとても優しい方ばかりですぐに溶け込むことができました。

 上海について、まずリニアモーターカーに乗って、それから世界一高い展望台に行きました。展望台からの景色はもちろんはじめての経験であまりの高さに驚きましたが、空気が白く濁っていて、あまり遠くまで見えなかったのでとても残念でした。

 夜はホテルに帰り、中華事業の3人でザリガニ専門店へ行きました。ザリガニを食べるのは初めてで臭いというイメージだったのですが、実際は嫌な匂いもなく海老のうまみが凝縮された感じでとても美味しくいただきました。2日目は中華事業の3人は終日自由時間をいただいたので、3人で1日中食べ歩いていました。カエル、アヒルの舌、カタツムリなど日本ではあまり見かけない珍しい食材を初体験したり、中華の精進料理や世界のトップ10のレストランと紹介された「鼎泰豊」など本場の味を体験したりと中華料理の職人にとっては本当に勉強になった一日でした。

 今回の社員旅行で感じたことは、やはり日本はとても住みやすい国だということと、私の知っている中華料理はほんの一部にしかすぎないということです。上海での貴重な経験を活かして、これからもっと勉強をしていきたいと思います。そして独立して自分の店を出すという目標に向かって努力していきます。

ガラクタ市.JPG

(値段はお客さんが「いくら」と聞いて初めて考えているんじゃないかと思わせる露天の商店街)

上海駅.JPG

(上海駅です。6年前の社員旅行でも来ましたが、以前に比べて人が少なく感じました。)

上海ホテル.JPG

(今回の宿泊先 亜繁龍門大酒店です。上海駅のすぐ隣でした。)

 今年も一人一人が多いに楽しめた社員旅行でした。早くも来年の社員旅行が楽しみです。社員一人一人の日々の努力が毎年このような形になり、「また1年間頑張ろう」という気持ちにさせてくれるような感じがします。今年も大きくBUN CORPORATIONは飛躍していきたいと思います。今年入社した社員の皆さん、来年を楽しみにしておいてください。

【2010年社員旅行実行委員会 委員長 H・S】

| コメント(0)

 みなさん こんにちは!ムシムシした日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?季節の変わり目、風邪などをひかないよう体調管理には十分気を付けてください。

 今年も行ってきました。BUN CORPORATION恒例社員旅行!2010年度は総勢58名の参加で4班に分かれて行って来ました。

 今年の行先はなんと「上海万博2010」・・そうです上海に2泊3日で行って来ました。今年も楽しかったですよ!それではその様子をご覧ください。

上海万博1班.JPG

(第1班です。6月1日~3日)

上海第2班.JPG

(第2班です。6月8日~10日)

上海第3班.jpg  

(第3班です。6月17日~19日)

豫園社長.JPG

(第4班PART①です。第4班は社長も参加しました。6月23日~25日)

豫園社長②.JPG

(第4班PART②です。)

豫園社長③.JPG

(第4班PART③です。)

ミスタードーナツザ・モール春日店 綾部店主の感想文から 第1班 

 私は昨年、自分自身初となる海外旅行を社員旅行で行かせていただきました。今年は2回目の海外旅行ということもあり、不安というよりも、すごく楽しみにしておりました。上海にて学んだことは、いかに日本が平和な国であると感じ、また各お店の接客面につきましては中国の方の「おすすめトーク」にすごく一生懸命さを感じました。

 今回の旅行で一番心に残っていることは「上海雑技団」です。いつか一度は見てみたいと思っていて今回みんなで見ることができ大変感動しました。雑技団の方々はどれだけ努力をすればこんなにも見る人に感動を与えることができるのか?と考えさせられました。おそらく想像を超える努力をされているのだなと思うとともに、自分もミスタードーナツを通じて日まわりの人を感動させられるようになろうと思いました。

森タワー.JPG

(森タワー最上階から見下ろす風景 高さ450メートルくらいでした。)

カフェクロワッサン小倉駅店 岩本店長の感想文から  第2班班長

 今回は第2班の班長という大役を担い、これまでと違った旅ができました。「何事も準備が肝心」と幾度もBUN CORPORATIONで教わってきたので、班長として事前に計画を立ててリサーチができればと思いましたが、ガイドブックを買うことしかできずあまり大きな仕事は果たせませんでした。

 上海は夜景や様々なかたちの高層ビルが立ち並ぶ都会のイメージでしたが、一歩裏の道を入れば雑然と洗濯物が干してある都市でした。私は旅行中も「雑食」と言われていましたが上海ツアーのご飯もおいしく頂きました。野菜が大変安いらしく沢山円卓に出てきて、何かわからないものも口に運びました。異なる食文化に触れることは楽しいことだと実感しました。

 万博は、タジキスタンとモンゴルと北朝鮮のパビリオンに入りました。広さと人の多さに圧倒されました。いちばん印象的なだったのは、中国の人たちがとても嬉しそうで万博の開催を誇りに思っていることが伝わってきました。

 やっぱりいろんなものを観て、いろんな所を歩いて、いろんなものを食べて飲んで、これぞ旅行の醍醐味だという気がしました。今回、班長をさせていただいて新しい気付きも沢山あり、自分自身とても勉強になりました。また来年の社員旅行が今から楽しみです。

雑技団.JPG

(上海雑技団の妙技・・ありえません!)

雑技団②.jpg

(第1班~第4班まで全班が上海雑技団の鑑賞をしました。)

とりあえず、PART①はこれにて終了、PART②お楽しみに・・・!

【2010社員旅行実行委員会 委員長 H・S】

 

| コメント(0)

6月29日(火)18:00より南国酒家小倉店において、世界のビールと生演奏(キーボード、フルート)の宴が開催されました。(特別コース6品、世界のビール4本付きで税込3500円)

当日は、世界のビールを15種類を取り揃え、生演奏を聴きながら武内料理長特別コースを堪能していただきました。目標の80名を大きく上回る90名のお客様にご来店頂き感謝しております。

お客様はあまりなじみのないビールから有名どころのビールまで色々な楽しみ方でご注文をされていました。生演奏については、若いお客様もお楽しみいただけるようJPOPなども取り入れていただき楽しい時間を過ごしていただけたのではないでしょうか?・・

ビールの会①.JPG

(前半・後半と60分間、演奏をしていただきました。フルートの下畑さん・キーボードの大西さんです。)

ビールの会②.JPG

(当日はBUNの社員やアルバイトさんも多数参加してくださいました。写真はカフェクロワッサン小倉店のスタッフの皆さんです。)

ビールの会③.JPG

(お客様にぐびぐび飲んで頂いた世界のビール達!)

今後も南国酒家小倉店では様々なイベントを計画していきます。皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

【南国酒家 小倉店 ホールMGR 佐野 正佳】

 

| コメント(0)

calender

2017年12月

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ