2012年8月アーカイブ

 8月17日(金)に8月度の入社式が執り行われましたのでご報告いたします。今回は8月1日よりぶんコーポレーションに加わったミスタードーナツ小田部ショップの石橋店主、ウエストコート姪浜店の山下店主の入社式です 先日2店舗の出発式の様子もご紹介させていただき、既に二人は店主として店舗を運営して頂いておりますが改めて入社式で抱負を語って頂きました。

  201208入社式①.jpg

(中野社長より辞令を受ける石橋店主)
 
201208入社式②.jpg
 
(上村専務より社章を付けて頂く山下店主)
 
201208入社式③.jpg
 
(左前列より石橋店主・中野社長・山下店主、後列左より第一事業部成田次長・上村専務)

第1事業部 ミスタードーナツ小田部ショップ 石橋店主抱負
 
 8月1日より運営会社が変わり、戸惑うこともまだ多くあります。1日も早く慣れて、ぶんコーポレーションの店主として認めて頂けるお仕事をしていきたいと思っています。今後も働きさんと協力し、お客様に日々喜びと笑顔を提供していけるお店であり続けるよう頑張っていきます。

第1事業部 ミスタードーナツウエストコート姪浜ショップ 山下店主抱負
 
 いつもお力添えありがとうございます。地域のお客様に愛されるショップを目指すために、おいしいドーナツの製造、心のこもった接客を通して、サービス+αを提供します。そして、再来店したくなる店舗、再来店していただける店舗を目指し取り組んで参ります。自分が入社することで、新しい風をおこし、共に成長していきたいと思います。

 
 二人とも既に店主の経験も長く、若い店主たちの刺激となっております。第1事業部がさらに活性化するよう積極的に取り組んで頂きたいと思います。

【管理本部マネージャー 北口 太郎】

| コメント(0)
 みなさんこんにちは!
8月11日(土)にFBS福岡放送 「PASSION 福岡情熱人」という番組で、BUN CORPORATIONが運営する石窯パン事業が紹介されました。石窯パン事業の事業内容や取組みについて佐藤部長が熱く語っております!

福岡情熱人.jpg

(約3分程のミニ番組ですが、グラティエを紹介して頂いております。)

福岡情熱人②.jpg

(商品が手作りである様子をご紹介頂きました。)

福岡情熱人3.jpg

(新しい事業の試みとしてプチパン専門店リトルグラティエも紹介されました。)

福岡情熱人4.jpg

(最後は佐藤部長がパン作りにかける熱い思いを語っています。)

【管理本部マネージャー 北口 太郎】


| コメント(0)
 2012年8月1日より、第852号ミスタードーナツ小田部ショップと第953号ミスタードーナツウエストコート姪浜ショップをBUN CORPORATIONが譲り受けることになりました。2店舗とも歴史のある地域密着型のミスタードーナツです。BUN CORPORATIONが運営するミスタードーナツ事業はこれで15店舗になりました。

小田部.jpg

第852号小田部(こたべ)ショップ
福岡市早良区小田部4-5-49 室見川そば 202号線沿い 
営業時間9:00~23:00

姪浜.jpg

第953号ウエストコート姪浜ショップ
福岡市西区内浜1-7-3 ウエストコート姪浜内 
営業時間9:00~23:00

出発式①.jpg

(前日の7月31日には小田部ショップにて2店合同で「出発式」を開催いたしました。)

出発式②.jpg

(アルバイトスタッフさんもたくさん参加して頂きました。運営会社がかわるので皆さん少し緊張気味です。)

出発式③.jpg

(抱負を語る小田部ショップ石橋店主)

第1事業部 ミスタードーナツ小田部ショップ 石橋店主抱負

 本日、自分にとっても思い入れの強い小田部ショップと共に再出発が出来ることに感謝いたします。鈴木清一氏の言葉にもあるように利益と共に発展していけるように尽力して参ります。皆様のお力添えをお願いします。

2012.7出発式②.jpg

(ウエストコート姪浜ショップ 山下店主)

第1事業部 ミスタードーナツウエストコート姪浜ショップ 山下店主抱負

 売上が伸び悩む厳しい状況下で、きついと思うかもしれませんが前向きな発想に切り替えて取り組んで参ります。店主一人の力では到底太刀打ち出来ません。皆さんのレベルアップと協力で姪浜ショップを盛り上げて参ります。


 出発式の後は、2店舗の店主とパート・アルバイトさん、近隣のBUNのミスタードーナツ店主たちと軽食懇親会を開催させていただきました。「心はいつも青春創業。」の企業理念のもと地域のお客様に愛される店舗をこれからも目指して参ります。

【第1事業部 次長 成田 浩一】





| コメント(0)
 第3班に引き続き第4班の報告をさせて頂きます。第4班は当初6月5日(火)~7日(木)の日程でしたが台風の影響で順延となり6月26日(火)~28日(木)の3日間にスケジュールを変更しました。変更になったおかげで「夏の沖縄」を感じることが出来た旅行になりました。

2012沖縄①.jpg

(天気最高!第4班は16名のグループでした。)

2012沖縄②.jpg

(初日は観光です。首里城の歓会門です。)

2012沖縄③.jpg

(首里城正殿 鮮やかな赤は沖縄を感じさせてくれます。)

2012沖縄④.jpg

(宿泊先の残波ロイヤルホテルにて 夕食はバーベキューでした。)

第4班 班長 第3事業部 岩中店長の感想文より

 BUN CORPORATIONに入社して初めての社員旅行に参加させていただきました。沖縄に行くのも初めて、しかも班長ということで期待と不安を胸に参加しました。

 沖縄初日は大変天気も良く非常に暑いと感じました。ひめゆりの塔では、戦時中の悲惨な状況を目の当たりにし言葉が出ませんでした。沖縄ワールドではハブとマングースのショーや鍾乳洞散策などを楽しむ事が出来ました。多国籍の方のご来場も多く、ここでも大変暑くみなさんフラフラになりながら見学しました。その後、首里城へ向かって見学後ホテルへ行き全員で焼肉を食べました。他事業部の方ともしっかりコミニュケーションが取れ楽しい夜となりました。

 2日目の自由行動ではそれぞれダイビング、海中道路ドライブ、道の駅回り、水族館へ行ったりと
各グループに分かれて楽しみました。私のグループは海中道路を走り伊計島へ向かいました。伊計島ではグラスボートに乗ったり、海に入ったりと「綺麗な海、沖縄」を満喫しました。その後ぬちうなーの塩製造工場も見学し道の駅に寄り道しながら美ら海水族館で待ち合わせをしました。水族館も感動しましたが帰りの万座毛の夕日とムーンビーチでの星空の下でのタコライスは最高でした。台風の影響で大幅にずれ込んだ日程でしたが結果的には、天気にも恵まれ大変楽しい旅行でした。

2012沖縄⑤.jpg

(沖縄美ら海水族館にて記念写真)

第1事業部 地主店主の感想文より

 台風の影響で、当初の予定を3週間延期し、社員旅行が実現しました。前週の天気予報で「またもや台風が・・」と心配しておりましたが現地は既に梅雨明けしており、3日間天候に恵まれた楽しい旅行となりました。

 初日「ひめゆりの塔」「平和記念公園」と戦跡を巡り、沖縄線がいかに残酷であったかと思いしらされました。人の子の親として平和への願いを胸に刻みました。修学旅行生も数多く見受けられました。戦争の悲惨さをかみしめ「平和」の有難さを若い人たちにも伝えていって欲しいと感じました。

 2日目の自由行動ではレンタカーで沖縄本島をドライブして「道の駅」や「海洋博公園」で南国を満喫しました。今回の旅行では以前訪れることのできなかった場所にたくさん行くことができ本当に「沖縄に行ったぞ!」と言える満足の旅でした。もちろんまだまだ、沖縄の魅力のある観光地は網羅できていませんでしたが・・・

 売上の厳しい中、送り出して下さったショップの皆さん本当にありがとうございます。お土産だけでは足りない感謝の気持ちをショップの運営に活かします。

2012沖縄⑦.jpg

(ガラス細工つくりにも挑戦しました。)

 今年も無事に総勢70名の社員旅行を終了することができました。店長、社員スタッフが留守の間、店舗を守ってくれたスタッフの皆様に感謝申し上げます。この楽しい社員旅行が今後も継続できますよう日企業理念の実践を日々スタッフ一人一人がおこなって頂きたいと思います。

【管理本部 椎原英也】


| コメント(0)
 みなさん こんにちは!

 大変遅くなりましたが社員旅行第3班in大連の報告をさせて頂きます。6月12日(火)~14日(木)の2泊3日でBUN CORPORATION初の大連に中野社長を含む12名が社員旅行に行ってきました。台風が近づいていたこともあり天候が心配されていましたが、無事に飛行機も飛び大連を満喫できました。

2012大連⑥.jpg

(初日の餃子専門レストランにて 第3班は12名のグループでした。)

2012大連⑦.jpg

(レストランの中には新鮮な魚介類が沢山ありどれも食べたくなる魚さん達でした。)

2012大連⑧.jpg

(さすが餃子専門店 すごい種類の餃子が出てきました。)

第3班 班長 第1事業部 藤村店主の感想文より

 本年度は、中国大連コースにて社員旅行に参加させていただきました。過去の社員旅行で中国の料理の味が独特であまり馴染みのないものが多かったのでその点が一番の心配事でしたが、大連での食事はどれも大変おいしく感動いたしました。特に2日目の夜の海鮮料理はエビ、カニ、大好きなヒラメと大満足でした。

 観光では満州時代の建物や戦争時の遺跡なども見てまわりました。私自身、歴史は全く得意ではありませんが、漠然としたイメージで過去の日本は戦争は不得意だと考えていましたが、日露戦争においては犠牲を払いながらも、もっとも重要な拠点である旅順を制圧し勝利したということでした。また冷酷に戦争をこなした事実に悲しみも感じました。その歴史や背景を勉強することなく観光に来たことに恥ずかしく思いました。

 最後にこの度の社員旅行では班長として任命していただきましたが、これといってお世話ができたわけでもなく自分自身情けなく感じます。ただ事故などはなく無事に帰国できた事がうれしく感じた社員旅行でした。

2012大連①.jpg

(203高地での記念写真です。)

2012大連③.jpg

(白玉山にて 日露戦争時の戦場となった海が一望できました。)

2012大連④.jpg

(白玉山にはリフトで上りました。)

2012大連②.jpg

(東鶏冠山です。日露戦争時ロシア側の防御要塞跡地です。)

第1事業部 尾﨑店主の感想文より

 今回の旅行では私は2年連続での「一生に一度は行ってみたい所」に行かせていただくことが出来ました。司馬遼太郎が好きでほぼすべての小説は読みましたが、中でも「坂の上の雲」はベスト3に入る作品です。その舞台となった場所に行けるチャンスはなかなか無く、これを機会にと思い旅行が決定した翌日からまた「坂の上の雲」を読み返しました。実際に現場に行ってみて、旅順の全景や203高地の雰囲気、ロシア人の町並みなどはどこへ行っても感動ばかりでした。そしてほぼすべての場所が小説とリンクしてしまったので、また読み返したくなりました。

 今まではは旅行の予習といってもガイドブック程度でしかやったことがなく、こういった予習は初めてですし場所の選択も簡単に出来ました。今後もこういうチャンスがあれば、本や映画を利用したり、歴史や文化も知ったうえで行ければ何倍も楽しみが増えるのではないかと思いました。私個人的には費用対効果でみても最大級にプラスになったと思います。

 もう一つの目的でもある「食」に関しても、たまに中国にいること自体忘れそうなくらい日本人好みの料理が多く、時間とお金があればまた来たいと思いました。この旅行を通して、新たな旅行の楽しみ方を発見出来ました。そしてまず自らが楽しむつもりで、目的を持って行動すれば最高の結果が出るということを再確認できました。この様な経験をさせて頂き本当にありがとうございました。

2012大連⑤.jpg

(ホテル近くの深夜まで営業している屋台です。)

 第3班の報告が遅れてすみませんでした。12名と今回の旅行では一番少ないグループでしたが、みなさん目的を持って旅行を楽しんだようです。次回は第4班の沖縄グループの報告をさせて頂きます。

【管理本部 椎原英也】


| コメント(0)

calender

2018年7月

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ