2013年度目標 「脱」 新春会議にて

 新年明けましておめでとうございます。昨年を振り返ってみますと、我が国は政治経済そして外交、この3つの分野で混迷の一年でした。そんな中7月にはロンドンオリンピックがありました。そこで38個のメダルを史上最多の取得となりました。中身をよく見ますと、サッカーのなでしこジャパンであったり女子柔道であったり女子レスリングや女子の卓球など、女性選手の活躍が目立った大会であったとと思っております。

 また、秋にはiPS細胞を研究していた京大の山中教授がノーベル生理学・医学賞を受賞しました。この生理医学という分野では25年ぶり、しかも最年少としてノーベル賞を取ったということです。そして12月に入り、師走選挙ということで衆議院解散総選挙が行われました。その中で自民党がデフレ脱却を掲げて快勝しました。いわゆる政権奪還という形です。大勝しただけで、為替が円安に振れて、同時に株価も上がり、この1ヵ月半くらいの間に2割くらいの株価が上がってきました。そのことからにわかに今年に入り新しい時代への期待感が皆さんの表情に出てきているのではなかろうかと思いました。

2013.1社長年頭挨拶②.jpg

 我社も昨年の10月1日から第24期がスタートしました。1ヵ月遅れの11月1日には事業計画勉強会を開催いたしました。その中で特に変わったことは、中期3ヵ年計画を高らかに発表させて頂いたことです。昨日もありましたけども第1回のテーマ別勉強会「手描きPOP勉強会」がございました。そして今日は事業部会議で、これも2ヵ月に1回ということに変わりました。事業部会議終了後、休日日数向上委員会、創意工夫実践活動という風に移って行く訳です。そういったことで掲げました中期経営計画も粛々と進めております。社会人基礎力勉強会も、既に2回目を終了いたしました。

 それから今年に入りまして第1号の5日間連続休暇のスタートもしていきました。そういったことで、もう残されたプログラムというと、5月から予定しております起業家育成塾と、皆さんが希望して手を挙げてきてくれる店舗トライアル研修があります。

2013.1 中野社長 脱.jpg

 ところで今年は巳年です。巳年、動物で例えるならヘビです。このヘビ年、ヘビには色んな言われがあります。ひとつは明暗、もうひとつは善悪、相対することが表現されております。例えば、ヘビはネズミを中心としたいろんな害虫を駆除してくれ、人間にとって良いことをしてくれます。

 一方でヘビは噛まれたら人間を死に追いやるくらいの猛毒のヘビもいるということです。またヘビは最も神に近い動物だとも言われています。大変生命力のある生き物だからです。東南アジアの寺院や仏閣に行きますと、ヘビの置物とか彫り物がたくさんあります。天に導いてくれる、それがヘビであるという考え方があるからです。

 更にもう一方では、十二支の中でヘビだけが成長する過程において脱皮をします。自ら皮をむいて成長するまでに何度か脱皮していきます。その脱皮したヘビの皮が縁起が良い、金運をもたらすという事で、昔の人はその蛇の皮を財布に入れたり手帳に挟んだりという事をしておりました。

 そういったことが、私は成長する度に自ら脱皮していくということで、今年は「脱」という字を掲げました。私自身も脱皮して一歩でも半歩でも成長したい、同じく会社もこういう風に新しく生まれ変わって一歩でも半歩でも成長していきたいということで、掲げさせていただきたい。ちなみに昨年は「自強不息」ということでした。大変厳しい中にあって、自分の息を静かに止めて、そして自らを強くするということです。昨年まではずっと四字熟語でいってましたけども、今年は一字にさせていただきました。ありがとうございました。

2013年 年頭所感 第一事業部 会議挨拶より
 
【代表取締役 中野 文治】


| コメント(0)

コメントする

calender

2018年7月

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ